1.「心筋梗塞は怖い」

心筋梗塞は突然死につながる非常に怖い病気です。

厚生労働省のデータでは、心疾患はがん(悪性新生物)に次いで死亡原因の第2位で、その頻度は増加しています。

zu1-1%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

 

そのなかでも、年間約4万人の人が心筋梗塞で亡くなっています。また、日本循環器学会の調査では、年間約69000人の人が心筋梗塞で入院しています。

zu1-2

入院後に亡くなる人は約6000人で、残りの約34000人は入院前に亡くなっています。すなわち、一旦心筋梗塞を発症すると約40%という高い確率で死に至っていることになります。

ただし、無事病院にたどり着くことができれば、最新の医療により約90%の人が助かりますので、発症からいかに早く病院に行くことができるかが、生死を分けることになります。

しかしながら、速やかに救急車を呼んで病院に行く決断をするのは、突発的な発作時、特に初めての発作時にはとても難しいです。そのため、心筋梗塞による死亡を防ぐためには、発症を予防することが大切です。

生活習慣病といわれるように、心筋梗塞の発症を予防するためには、生活習慣を改善することが最も大切です。次に、心筋梗塞の発症リスクを高める、高血圧、高コレステロール血症、糖尿病などの疾患を十分に治療することも大切です。しかし、それでも心筋梗塞を予防することは非常に難しく、多くの人が心筋梗塞で命を落としているのが現状です。

心筋梗塞は何の前触れもなく発症するから怖いとよく言われますが、約半数の人では、心筋梗塞を発症する前に「前兆」を認めることが知られており、その時に治療すれば心筋梗塞の発症を予防できます[3.「心筋梗塞の前兆」へ]

自分の身体を守れるのは自分です。心筋梗塞に対する正しい知識を身につけて、「前兆」である体の異変に早く気づき、即行動に移せるように、日頃から心がけて下さい。[2.「心筋梗塞はどんな病気?」]