STOP MIキャンペーンの主旨説明

心筋梗塞は、一旦発症すると致死率約40%万の非常に怖い病気です。

心筋梗塞で入院した人の院内死亡率は10%以下で、入院後の予後は良好ですが、心筋梗塞による死亡の多くは、入院する前におこります。

そのため、心筋梗塞を一旦発症した人を助けるためには、一刻も早い救急搬送や、AEDの活用が重要ですが、それでも救命が難しい場合も多くあり、発症を予防することが重要です。

幸い、心筋梗塞患者の約半数は、発症前に前兆を自覚していることが知られており、この前兆の時点で治療すれば、心筋梗塞の発症を防ぐことができます。

そこで、この前兆の存在を広く知ってもらい、前兆を感じたらすぐに病院へ行くようにできれば、その人達が心筋梗塞を発症するのを防ぐことができます。

また、この目標が完全に達成できれば、心筋梗塞患者を半分に減らすことができます。

このための広報・啓発・教育活動がSTOP MIキャンペーンです。

この趣旨に賛同いただける方がいらっしゃいましたら、是非、ご協力をお願い致します。

日本循環器学会 循環器救急医療・災害対策委員会
「STOP MIキャンペーン」ワーキンググループ